随意契約の法律根拠

HOME > 顧客支援 > 随意契約の法律根拠

01.優秀調達物品-優先購入対象

中小企業製品の購入促進及び販路支援に関する法律施行令
[施行 2014.6.19][大統領令第25380号、2014.6.11,一部改正]

2.中小企業庁長は法律第13条第2項に従って、公共機関に対して優先購入対象技術開発製品の購入目標比率を、中小企業製品の購入額が全体の10%以上になるように要求することができる。この場合、公共機関の事業目的上または物品購入の特性上、その比率を10%以上にすることが困難な公共機関の長は、 中小企業庁長と協議して購買目標比率を別途に定めることができる。

02.環境表示認証製品-義務購買対象

緑色製品購買促進に関する法律[施行 2014.3.31][法律第12140号、2013.12.30, 一部改正]
第6条(公共機関の緑色製品の購買義務)

公共機関の長は商品を購入しようとする場合、緑色製品を購入しなければならない。

03.緑色製品-優先購買対象

緑色製品購入促進に関する法律[施行2014.3.31][法律第12140号、2013.12.30, 一部改正]
第6条(公共機関の緑色製品購入義務)

公共機関の長は商品を購入しようとする場合、緑色製品を購入しなければならない。

04.特許.農工団地生産物品-随意契約対象

国家を当事者とする契約に関する法律施行令[施行2014.5.23][大統領令第25358号、2014.5.22,他法改正]
第3章 契約の方法
第26条 (随意契約にすることができる場合)

3.[中小企業振興に関する法律] 第2条第1号による中小企業が直接生産した次の各号の製品を当該中小企業から製造、購入する場合。
イ.[中小企業製品の購買促進及び販路支援に関する法律] 第15条に従って性能認証を取得した製品

農村整備法 [施行2014.7.22][法律第12329号、2014.1.21,他法改正]
第3章 契約の方法
第79条 (生産製品の販売支援)

国家と地方自治体は農工団地から生産された製品の販売を促進するために輸出を支援し、系列化を促進するなど必要な措置を取ることができ、国家、地方自治体、公共団体及び公共機関は製品生産者と生産製品の購入に関する随意契約を締結することができる。

05.女性企業-優先購買対象

女性企業支援に関する法律[施行2014.1.1][法律第11967号、2013.7.30,一部改正]
第9条 (公共機関の優先購買)

1.公共機関の長は女性企業([中小企業基本法] 第2条による中小企業のみを対象とする。以下、この条において同じ)が直接生産して提供する製品
(以下、この条において“女性企業製品”という。)の購入を促進しなければならない。

2.2.公共機関の長が[中小企業製品の購買促進及び販路支援に関する法律]第5条第1項に従って作成する購買計画には、女性企業製品の購買計画を区分して含まなければならない。

3.3.第2項による女性企業製品の購買計画には、大統領令で定める比率以上の購買目標を含まなければならなく、公共機関の長は当該購買計画を理解しなければならない。

닫기