製品開発

HOME > 企業付設研究所 > 製品開発

光公害防止

局地道路用防止用光方向性反射ブロックを具備したbug制御LED照明灯
道路形態別の照明配光概念図

-特許登録 : 第10-1209903号
-名称 : 光公害防止用光方向性反射ブロックを具備したbug制御LED照明灯

本発明は上記のような構成から成り、住宅街の道路のような道路の幅が10メートル未満で狭く、 T字型、L字型に曲がったり、袋小路などの様々な形状の局地道路にも、道路の形状に合わせて本発明による偏芯反射ブロック及び/または対称反射ブロックを適切に配置した反射資材を使用することで、近隣の住宅街に光が照射される光公害を効果的に防ぐことができ、従来の道路が曲がったところや袋小路の奥において照度が低くなる問題を効果的に解決するともに、更に、局地道路がT,L,I字型などに多様に繋がっていても、本発明によるLED街路灯にして、その設置台数を減らすことができる効果があります。

光公害とは?

不要であったり、必要以上の人工光が人体や自然環境などに被害を与える現象を光公害と言います。産業の発達に伴って人体や生物が被る被害を公害と言います。過度な光の使用もまた 公害であると言えます。

光公害が環境に与える影響
01_ 人体へ及ぼす影響 :
メラトニン生成抑制によって生体リズムが変わって不眠症、疲れ、ストレスや不安などが現れるだけでなく、癌の発生確率もまた増加する場合があります。
02_ 生態系の被害 :
植物の繁殖率の低下、両生類や哺乳類などの生殖率の低下、鳥類の生息地の離脱など生態系を攪乱させます。
03_ 天体観測障害 :
夜空が明るくなって天体観測を困難とし、世界人口の2/3は夜空の星を見られない状況です。
04_ エネルギー浪費及び安全問題 :
過渡な照明によりエネルギーの浪費が発生 (アメリカの場合年間10億ドル位),車、船舶、飛行機の視野を邪魔して事故誘発の可能性があります。
環境を配慮した照明機器

居住者の快適で安らかな夜のために / 野生の動植物が正常に成長するために / 夜空のきらきら光る星を見るために / 安全で合理的なエネルギー使用のために必要なエリアだけを照らせる / 不快な眩しさをもたらさない / 上側へ光の漏れが少ない / 省エネ効果が高い

第1回ソウル特別市の良い光賞の製造部門受賞

ソウル特別市主催の光公害がなく自然を蘇らせる“第1回ソウル良い光賞”の公募展において、(株)ジーエーが製造部門において受賞をしました。
我が子供達が夜空の星の光、良い光を見ることができるように常に努力いたします。世界に良い光をお届けします。

エネルギーを節約する良い光をお届けします。

PLCディミング制御システム

電力線通信を利用したエネルギー節約型LED街路灯照度制御システム

本発明はLED街路灯制御システムに関するもので、より詳細には遠隔地から電力線通信を利用して効率的にLED街路灯のオンオフや、照度を制御する電力線通信を利用したエネルギー節約型LED街路灯照度制御システムに関するものです。

-LED照明統合管制システムの全体概念図(特許登録番号 : 第10-1209875号)-
スマートなエネルギー管理、PLCディミング(調光)制御システムとは?

電力線通信(PLC)とは、電力供給用として配線されている電気線を利用してデータを送受信する通信方式で、(株)ジーエーはPLCを活用したディミング制御システムを適用して、望む時間に必要な分だけの照度を制御することで、従来のLED照明より一段と効率的なエネルギー削減を達成しました。ソウル特別市 江北区 牛耳川の散歩路の設置事例は、エネルギー削減のためのPLCディミングシステムの必要性を提示しています。

LED照明に取り替えることで市民への配慮。生態系保存/エネルギーは84%以上削減でき、明るさは2倍以上明るくなり、53トンの二酸化炭素を減らして4,461株の木を植える効果を得た。/ 他の自治体のベンチマーキングの模範事例として位置づけられている。

닫기