太陽光発電事業

HOME > 新•再生エネルギー > 太陽光発電事業

1.太陽光発電

太陽光発電は発電機の力を借りることなく、太陽電池を利用して太陽光を直接電気エネルギーに変える発電方式です。

2.太陽光発電の構成

系統連係とは、太陽電池モジュールから発電した直流電源をインバータを通して交流電力に変えて 系統と連係するシステムで、蓄電池を必要としません。消費電力量より発電量が多ければ商用系統に電力を送り、夜間や悪天候時に発電量が消費電力量より少なければ、商用系統から電力を供給してもらって使用します。

独立型太陽光発電システムは、島嶼地域、山間僻地など系統電源の供給が困難な地域に電力を供給するためのシステムで、太陽電池モジュール、充電調節器、インバータ、蓄電池、発電機などで構成されています。また、モニタリングシステムを構築すると、リアルタイムで太陽光の発電量を監視することができます。

3.RPS事業とは

* RPS事業

一定規模(500MW)以上の発電設備(新•再生エネルギー設備は除く)を保有した発電事業者(供給義務者)に、総発電量の一定比率以上を新•再生エネルギーを利用して供給するように義務化した制度です。

* 供給義務者

50만kW以上の発電設備(新•再生エネルギー設備は除く)を保有した者を意味します。

4. 一般住宅及び家庭用発電設備

- 単独、共同住宅及び賃貸住宅に新•再生エネルギー設備を普及することで、住宅用エネルギー消費の軽減や新•再生設備の普及拡大などを通じて温室効果ガスの削減、新•再生エネルギー産業の安定的な投資環境と市場造成を誘導して新•再生エネルギー市場の創出に寄与する事業で、住宅内に太陽光発電所を設けて自家発電した電気を使う発電方法です。 太陽光住宅は太陽電池モジュールを屋根や窓、屋上などに設置するようになりますが、住宅支援事業を通じての太陽光住宅の支援規模は1世帯当たり3kW以下であり、約23㎡の設置面積を必要とします。

5. 太陽光エネルギーの期待効果及び長所

- 太陽光発電は環境に優しい発電システムで寿命が30年以上に長く、維持保守や運営が簡単なため、従来の発電設備やその他の新•再生エネルギーに比べて費用が少なくかかります。太陽光発電設備の中で全世界的に最も一般的なタイプは、住宅の屋根に平らな太陽電池モジュールを設置したものです。

닫기