風力発電事業

HOME > 新•再生エネルギー > 風力発電事業

1.風力発電

- 風力エネルギー、つまり、風の運動エネルギーを回転子(rotor)を利用して回転動力に変換し、この動力を利用して発電機の軸を回転させて電気エネルギーを得る装置を、通常、風力発電機と呼んでいます。

2.風力発電の構成

연계형 계통도
독립형 계통도

3. 小型風力発電とは?

- 高い風速を必要とする大型発電機とは違って、低い風速でも発電が可能です。
風がたくさん吹く特定地域でない都心、ビル、住宅など、設置場所に大きな制限はありません。また、風の方向に関係なく、全ての方向の風を利用してエネルギーを発生させることができ、弱い風でも電気エネルギーを発生させることができます。

4. 風力発電システムの分類

◆ ダリウス型 - Darrieus Type

垂直型風力タービン VAWT(Vertical Axis Wind Turbine)
1920年フランスから開発されたダリウス風力タービンは、風によって内側と外側に回転する垂直回転ブレード構造を成します。水平軸タービンより高い効率で作動でき、構造が単純で風の方向に影響を受けません。

◆ サボニウス型 - savonius type

垂直型風力タービン VAWT(Vertical Axis Wind Turbine)
1922年フィンランドから開発されたサボニウスタービンは、構造的に最も単純な風力タービンの中の一つです。半円筒の羽根を向かい合わせて駆動する構造で、上から見ると断面が“s”字状になっています。比較的ゆっくり回転しますが、大きな回転力をもっているため、エネルギー抽出効率よりは風速計のように設置費用や耐久性が重要視される所に適用されます。

◆ ジャイロミル型 - giromil type

垂直型風力タービン VAWT(Vertical Axis Wind Turbine)
ジャイロミル型タービンは、垂直に取り付けられた対称型ブレードが風の方向に従って自動的に最適な反角、迎角を得る構造の風力発電です。簡単な設計や設置が可能ですが、ダリウス風力タービンに比べて効率が低く、より高い風速条件が要求される短所があります。

◆ ヘリカル型 - helical type

垂直型風力タービン VAWT(Vertical Axis Wind Turbine)
アメリカで水力タービン用として開発されたヘリカルタービンは、ダリウスタービンの進歩した形式になっています。2個の羽根が螺旋状に上がる構造になっていて、あらゆる位置から制御が可能であり、ダリウスタービンに比べて騒音、振動の特性が改善されています。

◆ プロベラ型 - propeller type

水平型風力タービン HAWT(Horizontal l Axis Wind Turbine)
プロペラ型タービンは、回転軸が風が吹いてくる方向に設置された風力発電システムとして、現在、大半の風力発電システムとして認められています。水平軸型風車の用途によってブレードの数が異なりますが、普通2個または3個のブレード風車を使います。

5.(株)ジーエーの風力発電の期待効果と活用方案

- 形態 : 垂直型風力タービン ジャイロミル型

- 風向きによってブレード(羽根)の角度が変わり、抗力は減らす一方揚力は増加させることで、低い風速においても発電が可能です。

- 風力発電モジュールシステムは垂直型タービンをそれぞれモジュール化して積層連結させることで、一本の軸と一台の発電機として発電を行うようになります。

- 垂直積層して設置され、ユーザーが要求する状況に合わせて希望する発電容量の調節が可能です。

닫기